BiBitCoin

最新・最速のICO情報サイト Bibitcoin -ビビットコイン-
    

ICOの参加方法から現金化するまでをまとめて解説

こちらではICO(クラウドセール)に参加しようと思っている方に向け、
参加するICOの銘柄選びから、実際に参加し現金化するまでの方法や注意事項を簡単に説明させていただきます。
ICOに興味がある方は是非この機会にICO(クラウドセール)に参加する際の一連の流れを知っていただければと思います。

index
・参加するまでにしておくべきこと
・ICOに参加する
・トークンを日本円に
・まずは情報を得よう

参加するまでにしておくべきこと

ICOに参加する準備

ICOには詐欺のようなプロジェクトが沢山存在しています。なんの情報を得ずに闇雲に購入するのは大変危険です。次の事は最低限調べておくことをお勧めいたします。

・きちんと存在しているプロジェクトですか。
・しっかりとしたロードマップが敷かれていますか。
・参加方法はどうなってますか。

ICOには必ずといっていいほどホワイトペーパーという、「なぜICOをするのか、どんな事をしていきたいのか、投資してくれたらどんなメリットがあるのか」等を記した文書を作成します。
必ず読んでプロジェクト内容を調べ得てください。
またSNS等を活用することにより信頼性のあるプロジェクトかどうか調べられますのでしっかりと情報収集をするようにしてください。

取り扱い通貨の確認と購入

無事に参加したいICOが決まりましたら今度はプロジェクト側に送金をしなくてはいけません。
その際注意しなくてはいけないのが、プロジェクトによって募集している通貨が違うという事です。
どの通貨で取引しているのか確認した上で購入してください。
ICOの資金調達はの多くは、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)NEM(ネムコイン)で行われることが多いですが他の場合も多々ありますのでご注意してください。

ウォレットをダウンロード

対応通貨を購入したら次は、ICOプロジェクト側が指定してきたアドレスに送金します。

しかし注意が必要なのが、どこから送金するかです。
実は、取引所からそのままICOに送金するのではなく、自分のウォレットからICOに送金する方が安全です。
通貨に対応するウォレットを作成して送金できる準備をしてください。

ビットコインならBitcoin Core(ビットコインコア)
イーサリアムならMyEtherWallet(マイイーサウォレット)、Metamask(メタマスク)
NEM(ネム)ならano wallet(ナノウォレット)

他にもいろいろありますので自分に合ったものを作成してください。
またプロジェクト側が指定してくることもありますので指示がある場合はそれに従ってください。

ICOに参加する

指定されたアドレスに送金する

プロジェクト側が送金先のアドレスを指定して来ますので、作成したウォレットから送金します。例外もありますが、取引所から直接送金してしまうと、トークンを受け取れない場合が多々あるの注意が必要です。
最小購入数等がありますので、条件に合った金額を送金しましょう。
送金が済めば、無事にICOに参加したことになります。

配布されたトークンの受け取り

参加するICOに送金すると、後からトークン配布の連絡が来ますので指示に従って受け取ってください。トークンが付与されるまでの期間はICOによって違い、直ぐに付与されるものもあれば、1週間から2週間かかるものもありますのでトークンがいつ配布されるか、メールなどで確認すると安心して待っていられると思います。
また万が一うまく送金されてなかったり、トラブルが生じた場合送金履歴を残しておくとその後スムーズに対応できますので、スクリーンショット等、記録を残しておく事をおすめいたします。

参加したICOが上場するを待つ

いつ、どこの取引所に上場するか、上場後どれくらい伸びるのか心配しつつ、またワクワクしつつ待ってください。
早いものなら2カ月しないで上場しますが、2年近くかかるものもあります。
はたまた上場せずに終わるものもありますので、こまめに情報収集し上場後の値動きに備えておくと多くのリターンが望めるかもしれません。

また、ICOで配布されたトークンには販売制約があるものがありますので確認しておいてください。

トークンを日本円に

ICOで付与されたトークンの売買する

無事に上場したらタイミングを見てビットコインや、イーサリアム、ネムコインなど主要通貨に交換してください。(日本円に交換する際利用する取引所が扱っている通貨)

日本の取引所に送金する

上記で交換したBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、NEM(ネム)などを日本の、取引所に送金してください。

ここまでくれば現金として手にできるまであとすこしです。

取引所で仮想通貨から法定通貨に換金する

常に相場は変動してますのでチャートを確認してから換金すると良いかもしれませんね。上昇トレンドなら少し待った方が資金が増える可能性があります。

取引所から自分の銀行口座に送金する。

銀行口座に送金依頼をしてください。
この際、登録してある自分名義の銀行口座でないと送金できませんので注意してください。

銀行口座から現金を引き出す。

これで現金として手もとにお金が戻ってきます。

まずは情報を得よう

 

少し工程はありますが、ICOに参加するのは難しい事ではありません。
ICOの銘柄選び、送金、トークン受け取り、この3点をしっかり押さておいてください。でないとICOに参加できなかったり、資産を失う原因になりますので焦らず確実に進めていってください。

そして、この中で最も重要なのはICOの銘柄選びです。

せっかくICOに参加できても上場してくれなくては、意味がありません。上場しない限り売却できず、ひたすら保有するしか選択肢がなくなってしまいます。そもそも上場させる気もないICOやプロジェクト内容に真実味のない詐欺の様なトークンも沢山がありますの気を付けてください。

参加する前にホワイトペーパーをしっかりと読み、SNS等での評価等も確認した上で何に参加するか判断することをお勧めいたします。