BiBitCoin

最新・最速のICO情報サイト Bibitcoin -ビビットコイン-
シンボルOSA
タイプEthereum
注目
2018.07.16

OSA(OSA)

「小売業における人工知能とブロックチェーン」 OSAはすでに実績のあるOSA Hybrid Platformをベースに構築されており、3カ国の20以上の小売業者やメーカーにサービスを提供しています。寄稿者はすでに、プラットフォームの開発と展開に4.2百万米ドルを寄付しています。発売以来、1百万米ドル以上の収入を上げています。

基本情報

開始日時2018-07-21
ICO開始まであと-
終了日時2018-08-21
公式リンクhttps://osadc.io/jp/
参加可能通貨ETH、BTC、LTC
調達予定額40,000,000 USD
参加最大単位
参加最小単位1 ETH

OSA(OSA)の概要

当社はサプライチェーン全体から断片化されたデータを収集し、機械学習を使って加工、分析、選別します。 スマートコントラクトが独自のKPI、製品評価、報酬制度の組み合わせをブロックチェーンに保存し、改変を防止するため、データプロバイダと消費者双方の利益を保護します。 ・OSA DCは、小売業者、メーカー、消費者、およびオープンデータソースからのデータをリアルタイムで収集および分析する分散型のAI駆動ブロックチェーンプラットフォームです ・サービス開始以来、$100万ドル以上の収益を生み出しています。

なぜ小売業なのか?

組織的な非効率性は小売業界に年間およそ$5,000億ドルのコストを強いています。* OSA DCは、分断された当事者(生産者、小売業者、消費者、サードパーティ)を単一のサプライチェーンネットワーク内でつなげることによって、これらの非効率性を緩和し、今日小売業界を妨げる3つの主要な問題を解決します。
・在庫追跡: ブロックチェーンは、小売業者に毎年$4000億ドルのコストを強いる過剰在庫と在庫不足の問題を軽減します。
・消費者の信頼: ブロックチェーンの改変不可能な元帳は、より信頼性の高い商品データを提供し、ビジネスが消費者の信用を裏切る事態を抑止します。
・商品廃棄: OSA DCは年間小売業者に$1,000億ドルの損失につながるサプライチェーンでの商品廃棄を最小限に抑えます。

OSAエコシステム

消費者は、AIで作動するデジタルアシスタントは、信頼できる製品情報にと評価に基づき商品をおすすめし、本物の、安心で安全な食料品のみを購入出来るようにします。
OSA DCのAIは、健康的なサプライチェーンエコシステムの成功に欠かせないいくつかの利点を提供します。
①消費者、小売業者およびメーカーは、改善したサプライチェーンプロセスと小売管理を通じて、お金を節約できます。
②消費者は、OSA DCのAIデジタルアシスタントを使用して、製品を効率的に検索し購入することで、時間を節約できます。
③ブロックチェーン台帳で加工履歴と栄養価を確認することで、消費者は傷んだり、有害な食品を避けることができ、健康を保つことができます

ロードマップ

  • 2015年

    チーム形成 製品開発 コンセプト開発コンセプトテスト(MVP) ベータ版導入 データ統合とテスト開始

  • 2016年

    新しい機械学習プロトコルは、試験した 製品の更新、OSA技術アーキテクチャが導入さ сoncept承認の内部証明 更新機械学習モデル のコンセプトの外部実証(POC)がテストした POCが終了:5.4%の売上成長を当社の提携会社のために 導入された概念の画像認識の証拠

  • 2017年

    テストされたコンセプトのイメージ認定 機械学習モデルのアップグレード 新しいUI / UXソリューションの導入 新しいビッグデータアーキテクチャ開発の開始 プラットフォームのブロックチェーン化とトークン化の決定 トランザクションデータ演算子との統合 マスターデータカタログテスト済み 300製品用に開発されたイメージ認識モデル神経症)

  • 2018年

    新しいビッグデータアーキテクチャーが導入されました マスターデータカタログテスト マシン学習モデルの強化 ブロックチェーン&スマートコントラクト開発(ステージ1) ブロックチェーンテスト 1000製品の画像認識モデル開発 マスターデータカタログ開発 OSAモバイルアプリケーション開発 コンシューマーアプリケーション開発とブロックチェーン開発(ステージ2:サプライチェーンの実装)サプライチェーン 全体のIT、ML、IoT機能のプラットフォームを開発する 画像認識モデルの開発と機能強化 機械学習モデルの強化 製品評価システムの開発 AR機能の開発 ブロックチェイン開発(第3段階:地方分権化)

  • 2019年

    AR&ML機能拡張 OSAハイブリッドプラットフォームのアップグレード OSA分散プラットフォームの開発と実装 製品トレーサビリティの開発 機械学習プロセスの新しい機能(自動化されたプロモーション、品揃え、価格設定、推奨)

OSA(OSA)のチームメンバー

Co-founder, Business Development Lead Alex Isaiev

Alex Isaiev 共同創設者、57か国で17年以上の経験を持つビジネス開発リーダーであるAlexは、日用品小売と免税品業界のベテランで業界内でのほぼすべての役割を果たしてきました(営業、主要口座管理、貿易マーケティング、マーケティング、サプライチェーン)。 Alexは日本たばこインターナショナルのマーケティングと貿易マーケティングの役職を14年勤め、中東欧と中央アジア市場での顧客ロイヤルティとカテゴリ管理の推進を担当してきました。 Alexは2014年、Mania Business Simulationsを設立し、世界でも屈指のビジネスシミュレーショントレーニングプロバイダとして16か国でサービスを提供してきました。 1990年から2002年の間に、Alexは、食品製造および流通、自動車部品の流通、ケータリングサービス、特許登録サービス、ビデオ制作など、さまざまな業界のビジネスを立ち上げ、成長させました。 Alexは、経済、社会学とマーケティング学位を取得しています。

Strategy and Vision Lead Maximilian Musselius

ECRロシア執行役員、ECRヨーロッパ共同議長であるMaximilianは世界で最も成功したECRユニットの創設者として評価されています。 ECRの一員として、業界全体のEDI技術の開発と実装、マスタデータカタログ構想の立ち上げを行い、年6回のカンファレンスと4半期ごとに7つの個別のワーキンググループを開催しています。 Maximilianは、ECRブルーブック、EDIブルーブック、ECRロシアのスコアカード・ブルーブック、グローバルECRとECR-Rusマスタデータ・ブルーブック、グローバル・スコアカードを含む、日用品製造および小売分野における数多くの研究および分析記事の著者です。 ECR入社以前は、国際コンサルタントとして様々なマーケティング職を務めました。Maximilianはモスクワ州立大学で法学と経済学の学位を取得し、6つの言語を話します。

OSA DС Ambassador, Korea CEO, Korea CEO Summit CEO, World Blockchain Summit MARVELS Bong Kyu Park

Bong Kyu Park氏は1987年にHyosung Corporationに入社し、Public Procurement Service、Korea Electric Power Corporationなど、政府機関を対象にしたセールス・マーケティングの豊富な経験を積み重ねました。Cheongjung Co., Ltd社にてCEO職を務め、2000年には韓国の環境省にてKorea Mongol Studyの議長を務めました。その後2004年にモンゴル首相名誉賞、2017年にはモンゴル政府名誉賞を受賞しました。現在は2080 CEOフォーラム会長、韓国CEOサミット議長、創造性、都市文化、コンバージェンス産業会議組織委員長、ワールドブロックチェーンサミットMARVELSの創設者であり議長を務めています。ハイエンドネットワーキングを率いて政治経済、社会文化の分野で8000人以上のCEOが参加する交流基盤を築き15年が経過しました。Bong Kyu Park氏は以下のような数多くの国際会議や大規模なカンファレンスの主催や組織作りをしています。2004年、ビルクリントン元米大統領を招いたビルクリントンフォーラム。2004年、第54回Pugwash科学・世界問題カンファレンス。2005年、韓中経済フォーラム。2010年、第5回世界中国起業家フォーラム(韓国)。2014年、韓中クリエイティビティ、都市、文化産業コンベンション。2018年ロックチェーンサミットソウル。また、CIMA、CICON、HERMESなどのCEO向け協会を運営しており、CEO向け幹部研修プログラムを提供しており、CEO向け教育及びコンサルティング会社として韓国CEOサミットの発展を継続しています。

COO (Chief Operations Officer) Arūnas Roličius

ITや金融業界で10年以上の経験を積み重ねてきた、品質重視、アイデア主導型のプロフェッショナルです。ビジネス開発、プロジェクト管理における分析アプローチと戦略計画に優れています。きっかけと機会の発見、複雑なソリューションの開発、プロジェクトの管理において注意深く、正確かつ情熱を持って成功を収めています。

VP Communications Esther Katz

Estherは経験豊富なプロフェッショナルで、統合マーケティングにおいて20年の経験を有します。 3年前にブロックチェーン業界に参加し、トークンセールで過去最高の5000万ドルの資金を集めたAIスタートアップ、Neuromation.ioのマーケティングとPRを担当しています。 Estherと彼女のマーケティングチームは、社のコミュニケーション戦略、コミュニティマネジメント、デジタルコミュニケーションを推進しています。

Business Development Lead, Japan Yuki Natsui

Yuki Natsui ビジネス開発鉛 Yukiは、ビジネス、金融業界、IT分野で15年以上の経験を持つエグゼクティブプロフェッショナルです。

Team Coordinator and Scrum Master Maria Flemming

マリア・フレミング Maria Flemming チームコーディネーターとスクラムマスター Mania マリアは素早い管理に長けた経験豊富なスクラムマスターです。 OSA ハイブリッドプラットフォームでの3 年の作業の間に、マリアはチームが日々の仕事で使用しているすべての主要タスク追跡とコミュニケーション・プロセスを策定し、確立しました。 マリアは社内のやり取り、プロセスの透明性、およびチームの可視性、調整においては、チームの中心です。 オーストラリアとロシアの背景を持つマリアは、社外からのすべての英語コミュニケーションについても、チームの橋渡し役となっています。 学習や専門的能力の開発のための情熱を持つマリアは、 プログラミング、ビジネス関連分野、アジャイルプロセス等のコースのコースを取ることによって技能を向上しています。 マリアは、ロシアとオーストラリアの学校からビジネス管理の 2 つの学位を保持しています。

Community Manager, Japan Miren Campos

Miren氏は7年にわたり、7年の教師の経験があり、教育機関及びフリーランスとして勤務しています。Social Pointにて勤務していた時は20,000,000人の登録ファンを持つDragon Cityビデオゲームのコミュニティページを担当していました。彼女は日本文化に対する強い情熱を持っており、世界に向けて日本文化の理解を広める貢献をする目標を持っています。

Co-founder, Business Development Lead Alex Zdrilko

Alexのキャリアは、日本たばこインターナショナルの貿易マーケティングでの免税販売から始まりました。 JTIにて彼は販売の管理、流通の監督、TTLマーケティング戦略に従事し、ロシア、中央アジア、モンゴルの免税部門でのマーチャンダイジングと販促プロブラムを成功に導きました。 2010年に、彼はJTIのロシアとバルト諸国市場での免税貿易を管理し、2012年にCISでの貿易マーケティングチーム責任者に任命されました。そこでは彼は地域の免税販売の重要顧客との戦略的関係の実行を担当しました。 2014年、Alexはロシアの国内重要顧客担当マネージャーとなり、ビジネスと戦略関係の実行責任者として、ロシア国内の重要顧客およびモスクワ、中央ロシア、北西部の地域顧客を担当しました。 近年のキャリアにおいては、中央、東ヨーロッパ、北欧諸国及び旧CIS諸国のセールスチームを率いています。 AlexはNational University of Food Technologiesを優秀な成績で卒業し、経営学の学位を取得しました。

Co-founder, Strategy & Marketing Lead Ruslan Pyshnyi

Ruslanは、B2C 日用品市場において膨大な経営経験を持つ国際的なビジネスエグゼクティブです。 彼は勝利に向けた戦略の策定と実行、日用品事業環境の明確な理解、集中的なブランドポートフォリオの統合と推進、価格戦略の推進、消費者に関する深い洞察力といった大きな業績で良く知られています。企業のトップとして、彼はビジネスから危機的な状況から継続的な成長まで成功裏に導いて来ました。 彼のキャリアのハイライトとしては、有名ブランドでの大幅な利益の成長、M&A、500人以上のチームの指揮、$100万以上のマーケティング予算の運営などが挙げられます。Ruslanのキャリアの通過点には、Russian Standard VodkaのCOOとして2年、日本たばこインターナショナルロシア支社でマーケティング担当副社長として4年、JTIウクライナでのマーケティングディレクターとしての5年が含まれます。 Ruslanは経営学および言語学の学位を所有しています。