BiBitCoin

最新・最速のICO情報サイト Bibitcoin -ビビットコイン-
2018-07-15

SQUEEZER:ブロックチェーンの開発を助ける!ソフトウェア開発プラットフォーム!その実態に迫る

プロジェクト ブロックチェーン プラットフォーム マイクロサービス

index
・SQUEEZERの基本情報
・SQUEEZERの現状
・SQUEEZERの評価・評判
・SQUEEZEERの今後の展望・将来性

SQUEEZERの基本情報

発行国:ベリーズ

ウェブサイト:https://tokensale.squeezer.io/

ホワイトペーパー:https://tokensale.squeezer.io/docs/white-paper-final-ja-JP.pdf


通貨記号:SQR

ICO開始日時:2018年4月16日

ICO終了日時:2018年5月31日

資金調達目標:15,000,000米ドル

調達金額:14,805,000米ドル

ICO時トークン価格:0.2米ドル

支払い方法:BTC、ETH、LTC、クレジットカード

トークン総発行数:187,500,000SQR

SQUEEZERとは?

SQUEEZERは、分散型サーバーレスアプリケーションを構築するためのマイクロサービスを提供する、世界初のソフトウェア開発プラットフォームです。現在、ブロックチェーンの開発には多くの問題がありますが、このプラットフォームを利用することで問題点の多くが解決できます。


ブロックチェーン開発の課題として、一旦すべてのブロックをマシンのローカルストレージに入れなければならないため容量が大きく、開発速度の妨げとなる点や、内容の複雑性、および接続時に膨大な計算力を必要とする点などがあります。SQUEEZERでは、こうした問題点を解決していきます。


解決策として、プラットフォームではマイクロサービスアーキテクチャを利用することで、独立して配備可能な小規模モジュール型サービスとして、ソフトウェアアプリケーションを開発することができます。各サービスは独自のプロセスによって、京葉のメカニズムで目標を達成できます。


マイクロサービスをブロックチェーンに接続する際には、ソフトウェア開発者がブロックチェーンの起源コードを処理することや、複雑なコンポーネントを作成する必要なくブロックチェーントランザクションを実行できるように、簡単なインターフェイスを作成します。


SQUEEZERの目標は、クラウドプロバイダーやブロックチェーン技術、SQUEEZERフレームワークの能力を完全に発揮できるようプロフェッショナルコンサルタントサービスによって、究極の技術スタックを提供することで、ブロックチェーン技術と会社システムの統合を合理化することです。

SQUEEZERの現状

SQUEEZERではICOを終え、ほぼ目標金額を調達することに成功しました。ロードマップによると、これからブロックチェーンクラウドコネクターを構築する開発者を追加採用していく予定となっているのですが、それ以降は半年ほど予定がありません。


2019年2月にはブロックチェーンクラウドのコンポーネントとコネクターを提供する予定で、4月にはSQRトークンによってサブスクリプションを購入できるようになるので、そうなった時にはブロックチェーンアプリの開発を進めていくことができるようになり、本格的に活用されるようになります。

SQUEEZERの評価・評判

SQUEEZERに対しては、どのような評価がされているでしょうか?SQUEEZERの評価を、ポジティブなものやネガティブなものに分けて紹介します。

ポジティブな評価



・ブロックチェーンの開発は複雑で、ごく一部の人しかその技術を持っていなかった。しかしSQUEEZERのプラットフォームを利用すれば、多くの人が開発に携わることができるだろう。


・使用料金が従量課金制というのが使いやすい。使用量に応じて課金されるので、ちょっとしたものでも気軽に作れるようになるだろう。


これまでは、ブロックチェーンでの開発というのは非常に複雑で、できる人材は限られていました。しかしSQUEEZERのプラットフォームを利用することでその心配がなくなり、ブロックチェーンの開発により多くの人材が携わることができるようになります。


SQUEEZERの使用料金は、従量課金制となっているのでアイドル時間に課金されることはありません。そのため、月額料金だと時間が余ってもったいないと考える人や、少しずつ開発を進めるので1日の使用量は少なく、期間が長くなるという懸念がある人であっても、安心して使用できます。

ネガティブな評価

・SQUEEZERのロードマップは簡単にしか書かれておらず、あてにならない気がする。開発するものがないのだろうか?


・ブロックチェーンの開発を助けるプラットフォームというのは、いくつもある。その中で競争して優位に立てるのだろうか?


SQUEEZERのロードマップは2016年から2019年まで書かれているのですが、4年間で項目は8つしかありません。これではあまりに少ないため真面目に開発する気tがあるのだろうか、という疑問を抱いている人も少なくないようです。


また、同様にブロックチェーンのG開発を助けるためのプロジェクトが他にもあります。他のプロジェクトと比較した時に、何らかの優位性を抱いていなければ利用者を増やすのも難しくなるでしょう。

SQUEEZEERの今後の展望・将来性

SQUEEZEERは将来的に発展していく期待が持たれているのでしょうか?SQUEEZEERの将来性についてまとめてみました。

SQUEEZEERの将来性は?

現在、ブロックチェーン市場は開発者不足に悩んでいます。ブロックチェーンの開発に必要な知識を身につけている人が少なく、また学ぶための環境も整っていないからです。しかしSQUEEZERのプラットフォームを利用することで、ブロックチェーンを深く理解していなくても開発が可能となります。


また、アプリケーションを開発した場合は、その動作テストの環境もこれまでは自分で用意しなければいけなかったのですが、SQUEEZERを利用した場合はテストの環境も用意してもらうことができるので、必要な時間やコストが大幅に削減できるでしょう。


SQUEEZERが誕生することで、約4,000万人の開発者が利用対象として見込まれ、7,000以上の取引所のトランザクションに対応することができると予想されています。ただ、アプリ開発のサービスを提供しているプロジェクトが、今後ブロックチェーン開発までその範囲を伸ばしてくるようなことがあればライバルが増えるので、その対策も必要となってくるでしょう。