BiBitCoin

最新・最速のICO情報サイト Bibitcoin -ビビットコイン-
2018-07-28

Ontology:NEOから生まれた仮想通貨!情報の収集や管理が簡単に!

上場コイン

index
・ Ontologyの基本情報
・Ontologyの現状
・Ontologyの評価・評判
・Ontologyの今後の展望・将来性

Ontologyの基本情報

発行国:中国

ウェブサイト:https://ont.io/

ホワイトペーパー:https://ont.io/documents


通貨記号:ONT

トークン総発行数:1,000,000,000ONT

ICOなし

Ontologyとは?



Ontologyは、高性能な新しいパブリックブロックチェーンプロジェクトであり、分散型トラストコラボレーションプラットフォームです。仮想通貨のNEOを運営しているOnchain社が開発した新しい通貨で、ICOは行わずにNEOからAirDropされた仮想通貨です。


Ontologyは、ブロックチェーン技術を使用することで信頼性のある契約や業務の遂行などを後押しするためのプラットフォームを提供しています。Ontologyのネットワークを使用することで、ブロックチェーンを利用していない企業でも簡単にブロックチェーン技術を利用できるようになります。


Ontologyは情報管理やデータ収集に役立つプラットフォームであり、ユーザーは公共機関や銀行、企業、個人間などに存在する自分の情報について、プラットフォームで一括管理することができます。その情報に対する安全性を確保したうえで自由に利用できるので、様々なサービスを簡単に利用できるようになります。

Ontologyの現状

上場日   :2018年3月23日

オープン価格:138円

最高値   :1,100円

最安値   :138円

現在価格  :558円(2018年7月4日現在)

Ontologyを取引可能な取引所

・OKEx(https://www.okex.com/)


・Binance(https://www.binance.com/)


・Huobi(https://www.huobi.pro/)


&more

Ontologyの最近の動き

Ontologyは様々な企業とパートナーシップを結んでおり、最近ではデジタル広告プラットフォームを提供するDADとの提携を発表しています。ミートアップも行っており、先日は東京でも開催されました。また、イベントなどの参加も盛んに行っています。


Ontologyは、将来的にNEOと統合することが発表されています。NEOは時価総額も上位に入っており、影響力の大きいネットワークを持っています。NEOと統合した場合、Ontologyの持つ能力は最大限に発揮されることとなるでしょう。

そうなると、現在よりもONTの価値は確実に上がるでしょう。

Ontologyの評価・評判

Ontorogyはどのような評価をされているでしょうか?Ontologyに対する評価を、ポジティブなものやネガティブなものに分けて紹介していきます。

ポジティブな評価

・配布枚数が多いのに、ここまでONTの価格が上昇するとは思ってもみなかった。Ontologyに期待する人は想像以上に多いらしい。


・Ontologyは、難しいことがわからない企業もにブロックチェーン技術を提供してくれる。特に中小企業などにとってはうれしいだろう。


Ontologyは、発行枚数が10億枚ということでそこまで高値にならず、むしろ数十円程度の価格で取引されると考えていた人が多いようです。しかし、上場時の価格で100円を超えており、現在では500円を超えているため、嬉しい誤算と喜びの声が上がっています。それだけ多くの人が期待しているのでしょう。


中小企業などは、ブロックチェーン技術を利用したくても開発するのが難しい場合が多く、断念する人も多いようです。Ontologyを利用することで、簡単に企業へとブロックチェーン技術を提供できるようになるので、開発を断念した企業にとっては喜ばしいことでしょう。

ネガティブな評価

・中国で仮想通貨を全面規制すると騒がれているこの時に、中国製の仮想通貨は不安しかない。いきなり利用できなくなる可能性も高い。


・OntologyはNEOの人気に支えられているため、NEOが暴落した時には一緒に暴落するのだろう。


中国といえば、ここしばらくは仮想通貨に対する規制により不安が絶えない状態です。今後、中国では仮想通貨の取引が全面停止されるという話もあるので、そうなった時には中国にあるプロジェクトがどうなるのかわからず、中国の仮想通貨を信用しないという人も増えています。


また、OntologyはNEOと同じ運営から発行されているため、現在の価格がNEOの人気につられているだけだと考える人も少なくありません。そのため、NEOが暴落した時には一緒に暴落していくのではないか、という不安を抱いているようです。

Ontologyの今後の展望・将来性

Ontologyの将来性についてはどのように考えられているでしょうか?Ontologyの将来性についてまとめてみました。

Ontologyの将来性は?

Ontologyには、様々なプラットフォームと繋がることができるパブリックブロックチェーンという魅力があります。ブロックチェーンの利点を気軽に業務へと取り入れることができるため、世界中の企業がブロックチェーンを利用することも遠い未来ではないかもしれません。


また、新規の通貨というのは将来的にどうなるか不安というデメリットがありますが、Ontologyは将来的にNEOへと統合されることが決まっているため、NEOが大丈夫ならOntologyも何ら不安なく成長していくことができるでしょう。そうなった時には、NEOも新たな機能を搭載することとなり、お互いに発展していく可能性も高くなるでしょう。


Ontologyは、さらなる発展のために政府との提携も目標としています。もしもその提携が叶った場合は、政府が持つ戸籍などの個人情報についても自身で管理できるようになり、さらに契約などもスムーズに進められ、業務も発展していくこととなるでしょう。