BiBitCoin

最新・最速のICO情報サイト Bibitcoin -ビビットコイン-
2018-04-14

ICOに参加する際に求められる『KYC』について解説

用語解説 KYC登録 英字残高証明

index
・KYCとは身分証明書
・各銀行の英字残高証明書の発行方法
・ネット銀行での英字残高証明書発行方法
・KYC登録はICOの入り口

KYCとは身分証明書

KYCとは「Know Your Customer」の略で、銀行などの送金を扱う業者が顧客の身元を証明するためにあるものです。

マネーロンダリングを防ぐためにはこのKYCがとても重要になってきます。

KYC登録なんて面倒だし、やらなくてもと思う方もいるかもしれませんが、仮想通貨の世界ではマネーロンダリングが横行しやすいのが事実です。

つまりKYC登録をしてもらっているICOはそれだけ信頼できる企業だともいえますので、KYC登録はICOに参加するうえで、避けては通れない道という事になります。

KYC登録の手続きに必要なもの

1.パスポートなどの個人証明書類

2.所在確認のための銀行手続き書類や公共料金の明細書

といったものが必要となります。

また、最近のKYC登録では英字の銀行残高証明書が求められることがあります。

銀行の窓口に行けば即日発行してくれるところもありますし、10日以上かかってしまう場合もあります。
前もって準備しておかないとKYC登録期間に登録できず参加できなくなってしまう可能性も出てきてしまいますので、前もって準備しておくことが大切です。

各銀行の英字残高証明書の発行方法

みずほ銀行

・申し込み方法:みずほ銀行窓口(ネット、電話での受付はしてません。)
・必要な物:

通帳
お届け印
本人確認書類運転免許証・各種健康保険証など(お届け住所での郵送受取りの場合は不要)


・発行手数料:756円(消費税等を含む)
・発行までの時間:即日発行交付
お取引店以外の店舗での申し込みの場合は、日数を要することがあるようです。

みずほ銀行、残高証明書を発行
https://www.faq.mizuhobank.co.jp/faq/show/130?site_domain=default

三菱東京UFJ銀行

・申し込み方法:三菱東京UFJ銀行窓口
・必要な物:

キャッシュカードもしくは通帳
お届け印


・発行手数料:756円(消費税込)
・発行までの時間:開設した支店の場合 即日(他の支店 1週間程度)

 

郵便の場合受付日から1週間~10日程でお届けのご住所へ送られてくるようです。
店頭うけとりの場合は残高証明書発行手数料の領収証や通帳等をご提示しなくてはいけないようなので忘れずに持っていってください。

三菱UFJ銀行残高証明書発行について
http://www.bk.mufg.jp/tsukau/tetsuduki/zandaka/

三井住友銀行

・申し込み方法:三井住友銀行の各店舗窓口
・必要な物:

通帳
お届け印


・発行手数料:864円(消費税込)
・発行までの時間:約1週間

窓口に行けない場合や即日の発行を希望する場合は、お取引店へ相談すると対処してくれるようです。

三井住友銀行残高証明書発行について
https://qa.smbc.co.jp/faq/show/71

ゆうちょ銀行

・申し込み方法:ゆうちょ銀行窓口にて申し込み
・必要な物:

通帳
お届け印
本人確認書類(免許証、健康保険証など)


・発行手数料510円(消費税込)
・発行までの時間:即日(早ければ1時間)

すぐに発行してくれますし、手数料が安いので急いでる時はゆうちょ銀行がいいのではないでしょうか。

ゆうちょ銀行サイト
https://www.jp-bank.japanpost.jp/

ネット銀行での英字残高証明書発行方法

楽天銀行

・申し込み方法:楽天銀行に電話依頼
・必要な物:ログインパスワード
・発行手数料:515円(税込)
・発行までの時間:約1週間

楽天銀行カスタマーセンター
個人のお客さま 0120-776-910 (営業時間:全日9時~17時 ※年末年始を除く)
携帯電話・PHS等からは0570-064-924(通話料有料)
※国際電話をご利用の場合は03-6832-2255(通話料有料)
楽天銀行HP
https://www.rakuten-bank.co.jp/

ジャパンネット銀行

・申し込み方法 :カスタマーセンターに電話
・必要な物:ログインパスワード、トークン
・発行手数料:432円(税込)
・発行までの時間::10日程度
※4月・10月はご依頼が大変混み合い、更に時間がかかる場合があるそうなので十分に余裕をもって申し込みしましょう。

ジャパンネット銀行カスタマーセンター
0120-369-074 (通話料無料)
フリーダイヤルをご利用いただけない場合03-6739-5000(通話料有料)
営業時間:9時~17時休業日:12月31日~1月3日、5月3日~5月5日

ジャパンネット銀行残高証明書発行
http://www.japannetbank.co.jp/procedure/service_use.html#H2-3

KYC登録はICOの入り口

大手銀行でも英字となると本人が窓口に行かなくては発行してくれないようです。
いざ銀行窓口へ行ってもお届け出印が間違えていていったん家に戻る方もいるそうですので、
事前に確認、準備しておきましょう。

また、窓口や問い合わせで、「ローマ字表記の住所を載せてほしい」と念を押して伝えてください。

日本人の場合、大抵は口座を開設する際も日本語で登録しています。
そうすると住所等が日本語のまま発行されてしまう可能性が出てきてしまいますのでご注意ください。

これでやっとKYC登録に必要な書類がそろったことになります。
発行依頼するのに慌ててしまっていてはICOに参加するのにも先が思いやられてしまいます。

KYCの登録はあくまでICOに参加する前の申し込みでしかありません。

KYC登録が終わると、やっと参加権が得られたことになります。

慌てない為にも他の記事に目を通していただき知識を深めていた抱ければと思います。